栗のおいしい食べ方

栗を使った秋の味覚は、栗ご飯に甘露煮、渋皮煮などいろいろあります。
詳しい栗のゆで方やおいしい栗のお料理などを紹介していますので、ぜひお試しください。

栗のおいしいゆで方(M~Lサイズ)

前田栗園の栗が届きますと、新しいので半日~1日置いてから茹でるとおいしく召し上がれます。

鍋にお水を少し多めに入れて、弱火(鍋の中で湯が小さくゆらいている)位で2時間~3時間茹でます。
(お塩を入れられる方は火を止められる20分前位に火を切り、人肌位の温度に下がってから、食べて頂くと鬼皮と渋皮がきれいに取れ、丹波栗の美味しさが解って頂けます。 ※包丁、スプーンは使わないで下さい。)

冷蔵保存の栗も同じ様にして頂くとより一層、自然な甘みになり美味しいです。
ちょっと手を入れ、栗の文化を味わって下さると楽しいひと時が家族で味わえます。

栗ごはん

■材料
・米 10カップ
・もち米 2カップ
・栗 1.3㎏(栗は皮付の目方)
・酒 適量
・みりん 適量
・こんぶ 適量
・塩 30g

■作り方
・炊飯器にお酒、みりん、こんぶ等適宜いれ炊き上げる。

栗おこわ

■材料
・もち米 5カップ
・栗 (渋皮をむいたもの)
・塩 小さじ2

■作り方
1,小豆は硬めに炊いておく
2,蒸し器に敷き布を広げて材料を入れ蒸す
3,途中で2~3回小豆の湯で汁をふる。

栗の渋皮煮

■材料
・栗 1kg
・砂糖 500g
・炭酸 大さじ3

■作り方
1,栗は鬼皮をむく
2,丁寧に傷をつけないように栗を洗い、鍋に多めの水と炭酸を入れ、沸騰。黒汁を出し渋みを取る。
3,2の工程を2~3回繰り返す。(炭酸は最初の1回だけで良い)
4,ざるに上げ褄養子などで渋皮の筋、黒い処等きれいにして、砂糖を入れとろ火で仕上げる。

栗の甘露煮

■材料
・栗 1kg
・砂糖 500g
・みりん 適量
・クチナシの実 適量
■作り方
1,栗は鬼皮と渋皮をきれいにむく。
2,一度沸騰させ、砂糖、栗、その他を入れてとろ火で煮て仕上げる。

栗せんべい

■材料
・栗 適量
・塩 少々
・揚げ油

■作り方
1,栗は鬼皮、渋皮、をとり、薄く出来るだけ大きく切って2~3時間置く。
2,油でカリッと揚げ、うすく塩をふる。

栗の保存方法 ~冷蔵庫保存で甘い栗をつくる秘訣~

収獲後、果実が乾かないようポリエチレンの袋に入れ、0度~2度の冷蔵庫で保存し、
露が付いた場合は適宜ふき取ります。
30日~45日間冷蔵保存すると甘みが2~3倍アップします。
其のまま冷凍保存すると一年間お美味しく栗が頂けます。
条件は、拾い立ての栗を使用することです!

3月~4月頃まではそのまま保存出来ます。

召し上がりの際は半日程、常温に戻してからお料理して下さい。
渋皮煮、甘露煮など保存瓶での保存は、味も変わらず絶品です!